動物看護師という仕事の内容

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の仕事の内容について知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師の仕事内容は多岐にわたります。

主にどのような仕事内容なのか紹介していきます。

この記事を読んで「こんな仕事もやるんだ!」という発見があればうれしいです。

ぜひ、参考にしてみてください。

動物看護師とはどんな仕事?

「動物に関わる仕事がしてみたい!」と色々調べているうちに動物看護師という職業があることを知ったという方もいると思います。

そんな方のために一体どんな仕事なのか、そして意外と知られていないような動物看護師の仕事内容についても紹介していきます。

獣医さんが処置を行いやすいようにサポートする

動物看護師の仕事として一般的に知られている仕事内容は獣医さんのサポートですよね。

動物たちは言葉が通じないので「動かないでね」と言い聞かせても動いていしまいます。

採血するときや何か処置するときに動いてしまったら危ないですよね。

このときに動物看護師は保定を行います。

・保定:動物の体に負担がかからないようにしながらも動かないように押さえることを言う。

この保定の上手さは動物看護師をやっている上での強みになりますので、ぜひたくさん練習してみてください。

 ペットホテルや入院している動物のお世話

ペットホテルや入院しているペットたちの小屋を掃除したりお散歩に連れて行く、ご飯をあげるのも動物看護師の仕事です。

ペットホテルは動物病院によってはないところもあります。

ペットホテルに泊まっているわんちゃんは元気なわんちゃんなのでお散歩も欠かさず行います。

入院しているわんちゃんは毎日の状態をチェックして記録したり、ご飯をシリンジで食べさせてあげるなどのお世話もする必要があります。

 受付や電話対応など事務作業

受付専門で雇われている方がいる場合は別ですが、動物病院によっては受付や電話対応などの事務作業も動物看護師が行います。

そのため、電話口での口調やマナー、受付での飼い主さんとのやりとりなどもできるようになっておかなければいけません。

特に、急に状態が悪くなってしまったエマージェンシーと呼ばれる動物をどうしたら良いかとパニックで電話してくる飼い主さんもいます。

そういった内容の電話でも動揺することなく落ち着いて的確に対応する力が動物看護師には必要になってきます。

いかがでしたでしょうか?

獣医さんのサポートをするだけが動物看護師の仕事ではないことが理解できたかと思います。

また、動物看護師はこれからさらにやらなくてはいけないことが増えるかもしれません。

理由は国家資格になるためです。

動物看護師は動物看護の知識や技術だけでなく、社会人としてのマナーや行動もしっかりできるようになっておかなければいけないのです。