動物看護師に資格はあるの?取得するための方法をご紹介

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の資格について知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師には資格があり、試験に合格することで認定動物看護師の資格を取得することができます。

さらに、現在はまだ動物看護師は資格を持っていなくても名乗ることができます。

しかし、2023年以降には動物看護師の資格は国家資格となるため、国家試験を合格しなければ動物看護師と名乗ることができなくなります。

試験を受けるためには、定められた基準をクリアしなければいけないため、受験できる方も限られます。

動物看護師の資格とは?

現在の動物看護師の資格について国家資格の認定動物看護師について、順番に解説していきます。

現在は認定動物看護師の資格がある

動物看護師の資格は2021年現在、動物看護師統一認定機構が実施している、認定動物看護師というものがあります。

この資格は、定められた基準をクリアした方が受験することができる資格です。

試験内容は一般問題と実地試験の全120問をマークシート方式で選んでいくものになります。

試験会場は札幌、仙台、東京、直也、大阪、岡山、福岡、那覇などで幅広い地域で実施されています。

試験日は毎年1回3月頃となります。

参考問題や過去試験の内容も公開されており、2020年度の合格率は83.97%でした。

2023年以降は国家資格となる

国家資格の愛玩動物看護師は2023年2~3月頃に1回目の試験が実施されることになりました。

国家資格になるにあたり、受験資格も細かく決められており、大学や専門学校などの勉強内容も難しくなりました。

国家資格となった後は、資格を持っていない方は動物看護師と名乗ることができなくなるため、業務の内容も変わってくるようになるようです。

今まで以上に獣医師のサポートができるようになることが期待されます。

国家資格を持っていない場合、採血や投薬や他の処置はできなくなり、入院動物の世話や一部の検査、基本的なしつけなどを行うようになります。

愛玩動物看護師に関する情報はまだ決められていない内容もあり、変更することもあります。

農林水産省から情報が見られるため、こまめにチェックしておくことをおすすめします。

動物看護師以外の資格は?

動物関係の資格には、動物看護師以外にもたくさんあります。

中でも有名なのが、愛玩動物飼養管理士です。

愛玩動物飼養管理士は1級、2級とあり、2級は15歳以上の方であればどなたでも受験することができます。

資格を取得するまでの流れとして、受験申し込みをしてから、教材が手元に届きましたら、自宅で勉強し、スクーリングを行います。

さらに、課題報告などを提出し、決められた日にちに認定試験を受験します。

その後試験の結果が届きます。

他にも愛玩動物救命士、認定ペットシッター、ペット栄養管理士、JKC公認トリマーなどがあります。

今後動物看護師として働くためには、国家資格の愛玩動物看護師を取得する必要があります。

受験するためには、農林水産省が決めた項目をクリアしている大学や専門学校で学ぶことが必要です。

すべての大学や専門学校が受験可能というわけではありませんので、これから学校に通う場合はしっかり調べてから検討することをおすすめします。