動物看護師を辞めたいと思ったらやること

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師を辞めたいと思った人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師は動物を助ける素敵な仕事ですよね。

しかし、動物看護師を辞めていく人も少なくありません。

特に新人として働き始めると今までとは違った生活スタイルになったり、先輩に怒られる、ハードな仕事内容などの理由で辞めたくなることもたくさんあると思います。

そんなときの対処法や考え方について紹介していこうと思います。

動物看護師を辞めたいと思ったら

念願叶って動物看護師になったとしてもすぐに辞めていってしまう人が多いのも動物看護師という仕事です。

命を扱う仕事ということで強いプレッシャーに勝てなかったり、職場の人たちと上手くいかなかった、馴染めなかったという人もいます。

そんな壁にぶち当たってしまうことがあなたにもあるかもしれません。

まずは、辞めてしまう前にこれから紹介することを実践してみてください。

 頑張れそうなら1年は続けてみる

1年働く前に「辞めたい」と思うようになってしまったら、頑張れそうならまずは1年続けてみるのが大切です。

最初の1年は新しいことを覚えなくてはいけないですし、わからないこともたくさんあって疲労困憊になる毎日だと思います。

とにかく大変でしんどいし、「こんなはずじゃなかった!」と感じるのが1年目なのです。

しかし、これを乗り切れば1年目ほどしんどくはなくなります。

1年続けることができれば2年目からは「なんであんなに辞めたいと思ってたんだろう」と思えるようになることも多いです。

なんの仕事でも最初はしんどいのが当たり前ですから、もう少し踏ん張ってみましょう。

 なぜ辞めたいのか考えてみる

動物看護師を辞めたいと思うようになったら、まずはその理由を考えてみるようにしてみてください。

例えば以下のようなものが考えられます。

・他にやりたいことが見つかった

・職場に馴染めない

・つまらないから

・ハードで耐えられない

この他にも人それぞれ理由が出てくると思います。

このときに、次のステップがあって「辞めたい」と思うのならそれでいいと思います。

しかし、そうでない場合にはもう少し考えてみた方が良いと思います。

次の目標やどうなりたいのかを明確にしておかないと辞めたときに困ってしまいます。

 本当に辛いなら辞めてみるのもあり

「本当に耐えられない、辛い!」という場合には辞めてみるのもひとつの方法です。

精神的に参ってしまうまで無理して働く必要はないと思います。

動物看護師は忙しい仕事ですし、張り詰めた状況で働かなくてはいけないので周りへの配慮ができなくなってしまう人もいます。

このため、人間関係で悩む人も少なくありません。

自分の体調などをしっかり把握して辞めるかどうかを決断してみると良いですよ。

いかがでしたでしょうか?

動物看護師という仕事はかなり大変な仕事です。

そのため、「辞めたい」と思ってしまうことは自然なことです。

実際、動物看護師の離職率は低いものではないのが実情です。

しかし、辞めてしまう前に今回紹介した内容を思い出してみてもらえたらと思います。

少しでも多くの動物たちの命を救うために活躍できるようにしてみてください。