動物看護師の就職先の種類・活躍の場

この記事はこんな人向け!
・動物看護師の活躍できる場所を知りたい人
・動物看護師の就職先を知りたい人
・動物看護師に関心がある人

動物看護師と聞くと先ず思い浮かぶのは獣医師の横で診療のサポートに当たる姿かと思います。ですが、実は動物看護師を必要とする施設は多々あり、動物病院以外で活躍している動物看護師も多くいます。

選択の幅は広いので自身にあった働き方や仕事内容を見極め広い視野で就職先を決めることが重要です。

動物看護師が選べる就職先や活躍の場とは

動物看護師が就職できる場所や、実際に活躍している場所などを具体的にご紹介します

動物病院

一番動物看護師の求人が多い動物病院ですが、動物病院の中にも様々な種類があります。地元密着型の個人院や24時間体制の大型病院、二次診療のみ受け付ける大学病院にエキゾチックアニマルなど専門分野を持つ専門病院。それぞれの病院によって活かせるスキルや求められる技術は異なります。

どういった動物病院を選択してもプロとしてかけがえのない知識を身につけることができるでしょう。

サロンやショップ

トリミングサロンやペットショップで活躍する動物看護師もいます。動物病院勤務に比べしつけの知識やトリミングの技術が必要とされることも。預かっているペットや店頭に出ている動物たちの健康管理に加え、動物看護師としての視点から飼い主さん達の相談に乗る事やアドバイスを求められることもあります。

接客をする機会も多いため人と話すことが好きな方にとても向いている現場です。

動物園や保護団体

動物園などのテーマパークでも動物看護師を募集しています。とても人気な職種のため狭き門といわれています。犬や猫に限らず大動物など様々な動物の知識が必要です。動物の身体面のケアだけでなく施設内の安全管理も重要な業務の一つで、体力勝負の仕事と言えるでしょう。

また、捨てられた猫や犬を保護する施設で活躍する動物看護師も多くいます。シニア期に入ってから捨てられてしまった子や悪質なブリーダーの元で繁殖犬として飼われていた子など最初から状態が悪い子も多いため動物看護師としての知識、技術をフル活用できる職場です。

さらに、動物たちのメンタル面のケアや、新しい飼い主さんに引き合わせサポートしていくのも大切な業務の一つです。

いかがでしたか?動物病院に限らず様々な現場で活躍する動物看護師は多くいます。病院実習などで臨床現場が肌に合わないと感じても動物看護師の仕事自体を諦める必要はありません。