ハンドラーの資格は独学でもできる?おすすめの勉強方法3選

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーの資格を独学で勉強する方法を知りたい人
・ハンドラーに憧れている人

ドックショーに出場して犬の魅力を引き出し、観客を楽しませるハンドラー。動物関係の仕事の中でも花形の部類であり、これからハンドラーの勉強をしてみたいと思う人も多いでしょう。

  • ハンドラーになりたいけど、独学はできるの?
  • おすすめの勉強方法はあるの?

そんな悩みを抱える人に向けて、ハンドラーの資格は独学可能かを解説し、おすすめの勉強方法も紹介します。

独学でできるのか?おすすめの勉強方法3選

何かを学習しようとする場合、みなさんはどんな方法が思いつきますか?まずは、書店や図書館に行って専門書を手に取り、独学する方が多いでしょう。ハンドラーの資格も独学ができるのか気になりますよね。

この章ではハンドラーで独学ができるのか、解説していきます。

独学ならば、JKC会員に入会する

まず結論からお伝えしますが、独学でハンドラーの資格は取得できます。ただ、ハンドラーの資格には受講条件があり、勉強してすぐ試験を受けられるわけではありません。

ハンドラーの資格を取得したいのなら、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)が公認している「公認ハンドラー資格」を受けます。この資格は、C級、B級、A級、教士、師範という5種類の区分があります。その中で、一番最初に受ける区分はC級になります。C級の受講条件は下記になります。

  • 18歳以上かつ、JKCの会員歴が1年以上
  • JKC指定の養成専門学校で1年以上学習

おわかりいただけたでしょうか?

最低でもJKCの会員歴が1年以上ないと、そもそも資格試験を受けられません。そのため、独学で学習する場合、JKC会員に入会必須です。

JKC会員になれば、JKCが主催するドックショーや競技会を閲覧できるなど、さまざまな特典があります。特典を利用して、独学をしていきましょう。

メンターを見つけて弟子入り

自分の力だけで学習するよりも、メンターを見つけて弟子入りする方が、効率よく学習できるでしょう。すでにプロハンドラーとして活躍している方を見つけて、最初は見習いという立場で経験を積むのがよいです。

JKC会員にはプロハンドラーの方も当然いらっしゃいます。ハードルが高いかもしれませんが、コンタクトを取って弟子入りできるのか聞いてみましょう。

ハンドラーを目指せる養成専門学校に行く

公認ハンドラー資格のC級の受講条件に、「JKC指定の養成専門学校で1年以上学習」とあったと思います。そのため、「ハンドラーを目指せる養成専門学校に行って1年間学ぶ」という選択肢もあります。

独学で勉強する場合、一番の難点はモチベーションを保つことです。独学で勉強していたが、途中で挫折する。なんてことはよくあるので、学校に通って、ある程度拘束されながら学習した方が資格を取得しやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

繰り返しになりますが、ハンドラーの資格は独学でも十分取得可能です。

しかし、独学で学習する場合、自己管理の徹底やモチベーションを保つことが最重要です。今までの経験上、挫折経験が多い方は、専門学校に通って学習することも選択肢に入れましょう。