動物飼育員について学びたい!独学でできるのか?

この記事はこんな人向け!
・動物飼育員なりたい人
・独学で動物飼育員になろうと考えている人
・動物飼育員になる方法を知りたい人

動物飼育員になるためには、専門学校に入学し勉強することが基本となります。

高校卒業してから、専門学校に進学する方も多いと思いますが、専門学校はとても費用がかかるイメージですよね。

そこで今回は、専門学校に通わず独学で動物飼育員に関して学べないかを調査してみました。

独学のメリットとは、自分のペースで勉強でき、なんといっても費用がかなり抑えられることです!

今回は独学について、ご紹介していきたいと思います。

動物飼育員に関して独学で学ぶメリット

時間が自由に使えて自分のペースで勉強できる

独学で学ぶとなると、自分の好きな時間に勉強することができます。

学校だと、授業時間などが決まっており、拘束されてしまいますが、独学は自分のペースで行うことができるでしょう。

アルバイトをしながら、家事をしながら…また他の学校に通いながらも、なにかと同時進行で勉強することが可能となります。

自由な時間も増えるので、余った時間を有効的に使えますよね!

専門学校に行くより費用がかからない

動物飼育員の専門学校に通うとなると、授業料や交通費、また地方によっては、ひとり暮らしをする必要もあります。

その際家賃もけっこうかかってきます。

独学ですと、こういった費用が一切かかりません。

何かにお金を使うとしたら、参考書などの教材関係になるかと思います。

金銭的にも、専門学校に通うのが難しいのであれば独学もオススメです。 

動物飼育員に関して独学で学ぶデメリット

分からないところなどをサポートしてくれる人がいない

独学で学んでいて一番困るのは、疑問点があるときに聞ける相手がいないことです。

学校に行けば、先生がサポートしてくれますが、独学の場合は全て自分で調べる必要があります。

調べた内容が合っているかどうかも分からず、確信がもてません。

また、どこが大切なポイントで重点的にやるべきなのか分からないので、勉強すべき内容を把握するのが難しくなります。

就職活動は自分で行わなければいけない

専門学校ですと就職する際、学校側が求人を紹介してくれたり、就職先と連携がとれているので、しっかりと就職のサポートを受けることができます。

独学ですと、いちから就職活動をしなければならなく、自分の力だけで求人を探し、企業などにアピールをしていかなければいけません。

履歴書の書き方なども分からず、苦戦してしまう恐れがあります。

動物飼育員に関して独学で学ぶ方法

自分なりに教材を集める

動物飼育員に関しては、一般的な教材がありませんので、自分で必要だと思うものを参考にします。

たとえば、動物の詳しい説明が載っている本や、インターネットで生態系を学んだり、とにかく動物関係の知識を取得していくのです。

動物もたくさんの種類がいますので、好きな動物だけでなく、ジャンルを広げて、少しでも多くの動物の知識を得るようにしましょう。

独学について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?動物飼育員に関して独学で勉強することは不可能ではありません。

自分なりにうまく調べて知識を取得することが大切です。

費用がかからない分は、助かると思います。