厩務員のやりがいとは?楽しさや魅力も紹介

この記事はこんな人向け!
・厩務員に興味がある人
・厩務員のやりがいを知りたい人
・厩務員の仕事内容を知りたい人

馬とふれあう機会の多い厩務員は、馬が好きな人にとって、天職ともいえる魅力的な職業です。特にやりがいを感じるのは、自分の担当馬が成長したことを実感する瞬間でしょう。できることが増えた、レースに出場して勝ったなどの経験は、厩務員として喜ばしいものです。

また、担当馬の成長方法を模索することは大変ですが、大きなやりがいを感じる機会ともいえます。経験を積むごとにお給料がふえることも、やりがいを維持する要因となるでしょう。

厩務員にはやりがいがたくさん

厩務員のやりがいについて、楽しさや魅力とあわせて紹介していきます。

馬の成長を日々実感できる

馬が好きな人にとって、馬とたくさんふれあえる厩務員は魅力的な職業です。日々のお世話をとおして、馬と心を通い合わせる経験ができれば、より仕事を楽しめるでしょう。

また、自分の担当馬の成長を実感する瞬間が、厩務員の仕事にやりがいを感じる時といえます。担当馬にできることが増えていく様子を目にすることは、とても嬉しいものです。担当馬を伴ってレースに出場する時の達成感は、何物にも代えがたい経験といえます。

さらに愛情を注いでお世話をした担当馬がレースで勝った時には、喜びもひとしおでしょう。

成長方法の模索も厩務員のやりがい

あたりまえですが、馬は1頭1頭性格や体格が異なります。競走馬としてレースで活躍するためには、担当する馬それぞれに合った方法で、成長を促すことが大切です。ある馬では成功した方法も、別の馬では上手くいかない、という場面に遭遇することも多いでしょう。

レースに対応できる競走馬を育てることは、難しさがあると同時に、厩務員のやりがいともいえます。一朝一夕で成長することは難しく、試行錯誤のくり返しとなるので、根気強さが必要です。日頃から担当する馬とコミュニケーションを図りましょう。

経験を積むごとにお給料も増える

働いていただくお給料も、仕事のやりがいの一部であるといえます。厩務員は、経験を積むごとにお給料が増える点が特長です。

また厩務員には、出走手当や賞金手当が支給される場合があります。出走手当は担当馬が出走した際に支給される手当で、賞金手当は担当馬の獲賞金の数%が支給される手当です。

このような特別手当があることは、厩務員としてやりがいを感じて働くモチベーションにもつながるでしょう。

厩務員のやりがいや楽しさ、魅力についてご紹介しました。いかがでしょうか。どんなことにやりがいを感じるかは人それぞれですが、厩務員はやりがいにあふれた職業といえます。馬が好きな人は、厩務員を目指してみてみませんか。