ペットショップで働きたい方におすすめの資格とは?

この記事はこんな人向け!
・ペットショップ店員に興味がある人
・ペットショップのオススメの資格を知りたい人
・ペットショップの実情を知りたい人

たくさんの動物で賑わうペットショップ。そんなペットショップへの就職を考えている方の中には「動物に詳しくないし採用されるか不安」「採用されても続けられるか不安」という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ペットショップへの就職を目指す時、働く時に持っていると役立つ、おすすめの資格をご紹介します。

ペットショップで働きたい方におすすめの資格とは?

ペットショップで働くには、必ずしも資格が必要と言う訳ではありません。しかし、持っていると役立つ資格がいくつかあるので、順番にご紹介します。

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士は、日本愛玩動物協会が認定している民間資格です。

愛玩動物に関する愛護や、正しい飼養管理についての知識や技術が求められる資格なので、ペットショップで働く際にはとても役立つでしょう。

この資格は、認定された専門学校、スクール、通信講座で取得できます。学校に通うことが難しいという方には、通信講座がおすすめです。

分かりやすくまとめられた教材、主要科目についてのスクーリングや、問題集を提出することで受けられる現状の実力判定など、とても充実したサポートを受けることができます。

満15歳以上であれば誰でも受講可能なので申し込んでみてはいかがでしょうか。

家庭動物管理士

家庭動物管理士は、全国ペット協会が認定している民間資格です。

この資格では、動物の知識だけでは無く、衛生の管理やペット保険、接客についてなど幅広い知識が求められます。

出題範囲が広いため、一見難しく見えますが、基本的に用意されたテキストからの出題となっているようです。用意されたテキストとDVDでしっかりと学習してから試験に挑むことをおすすめします。

また、現在ペットショップで働いている方、働くことを希望している方であれば、受験資格を満たすことが出来ます。現在動物に関する学校に通っていない方も取得できるのでご安心ください。

ペット販売士

ペット販売士は、日本ペット技能検定協会が認定している民間資格です。この資格では、経営経理などの商業に関することから動物の管理に関する指導方法まで学ぶことができます。

試験の内容は筆記試験となっていますが、学校によってはカリキュラムを受講するだけで資格を取得できるようです。

年齢学歴に関係なく受講可能なので、気軽に挑戦してみても良いかもしれませんね。

取得する資格次第で動物取扱責任者も目指せる

動物取扱責任者とは、ペットショップやドッグカフェなどの動物に関するお店を開業する際に必要となる資格です。

ペットショップに就職するだけなら役に立ちづらい資格となっていますが、持っていて損はないでしょう。

この資格を取得する条件の1つに「半年以上の実務経験と指定された団体が認定する資格等を得ていること」という項目があります。

この「指定された団体が認定する資格」に、先ほど紹介した愛玩動物飼養管理士と家庭動物管理士が該当しているのです。もしこの2つの資格を取得するなら動物取扱責任者も目指すことをおすすめします。

いかがだったでしょうか。今回ご紹介した資格によって、就職活動や仕事に役立ったという方は多くいらっしゃいます。動物への理解をより深めるためにも、取得を目指してみてはいかがでしょうか。