酪農家の見習いとして働く方法とは?

乳牛の飼育をおこなう酪農家は、自然や牛が好きな方にとって、とても魅力的な職業といえます。一人前の酪農家を目指して、見習いを希望する方も多いのではないでしょうか。酪農家の見習いとしてスタートを切る代表的な例は、牧場などの酪農の現場に就職し、住み込みで働くことです。

また酪農ヘルパーとして酪農の経験値を増やす方法もあります。いずれの場合も、普通自動車免許を必要とする求人が大多数です。免許を取得するだけではなく、運転にも十分に慣れておくとよいでしょう。

酪農家の見習いになるには?

酪農家の見習いになる方法や仕事内容、事前に知っておきたいことについてそれぞれ解説していきます。

住み込みで働く方法が一般的

酪農家の見習いとして働くには、酪農の現場である牧場などに就職する方法が一般的です。就職後は住み込みで働き、日々の業務を通して酪農を学んでいきます。通常の求人情報とあわせて、住み込み専門の求人を掲載しているサイトにも目を通しておくとよいでしょう。

また酪農ヘルパーとして働き、酪農のプロに近づく方法もあります。酪農ヘルパーとは、酪農家に代わって給餌や搾乳、子牛のお世話といった業務をおこなう職業です。酪農ヘルパーの場合、勤務時間帯は、早朝と夕方がメインとなります。

見習い酪農家の仕事内容

見習い酪農家の主な仕事内容は、牛の身の回りのお世話全般です。具体的には、搾乳、エサの準備や給餌、牛の小屋の掃除などがあげられます。

とりわけ搾乳は、酪農の仕事の中でも特に重要視される作業です。多くの酪農の現場では、朝と夕方の1日2回に渡って搾乳をします。このほかミルクを作って哺乳するといった、子牛のお世話に携わることもあります。

見習いになる前に知っておきたいこと

酪農家の見習いとして働くにあたり、特別な資格は必要ありません。また未経験可の求人が多いので、牛のお世話が好きで、根気があれば応募はしやすいでしょう。

しかし、普通自動車免許を必須とする求人が多いのも、酪農の求人の特徴です。その理由として、勤務地である牧場が、車を必要とする地域に位置していることがあげられます。実務においても、車を利用する機会は多いでしょう。可能な限り、応募前に普通自動車免許を取得しておき、運転に慣れておくことをおすすめします。

酪農家の見習いになるには、酪農の現場への就職や、酪農ヘルパーになるなど、いくつかの方法があります。住み込み専用の求人を取り扱っているサイトや、地域が独自に募集している酪農ヘルパーの求人を活用するとよいでしょう。

高校生や大学生の場合は、短期バイトの求人情報から酪農の仕事を探すのも、一つの手段といえます。ご自身の状況にあった求人に応募して、酪農家を目指しましょう。