酪農家はボランティアでもできる?仕事内容と探し方

この記事はこんな人向け!
・酪農家になりたい人
・酪農家をボランティア活動でやってみたい人
・動物と触れ合うボランティア活動を知りたい人

酪農家は牛乳やチーズなどの乳製品を作ることを目的として動物を飼育している人たちです。世界にはヤギなどの牛以外の動物から採取する国もありますが、国内では主に牛からの採取を行っています。

そんな酪農の世界を、すでに自分の仕事があるため、本業としてではなく、ボランティアとして携わりたい、働いてみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、酪農の世界のボランティアを探すとなると、どのように探して良いのかわからないため挫折してしまうかもしれません。

そんな方のために、酪農の仕事をボランティア可能な仕事場の内容や探し方をご紹介します。

酪農家はボランティアでもできる?仕事内容と探し方

酪農家をボランティアで行うことは可能かと併せて仕事内容と探し方について順番に解説していきます。

酪農家はボランティアでもできる?

結論を先に言うと、酪農家はボランティアでも行うことが可能です。多くの場合、ホームステイをしながらの業務で宿泊費や食費は無料になっています。また、謝礼としては現地に向かうための交通費のみ支給している場合もあるようです。

ボランティアをするときの特徴として、あらかじめプログラムが決められていることがあり、牛舎の掃除や牛の餌やりはもちろんのこと、地域や場合によっては野菜の収穫も行うことがあります。

酪農家の仕事内容

酪農家の仕事内容は、主に乳牛を飼育し牛乳以外にもバターやチーズなどの乳製品を加工して販売することです。朝晩の2回毎日決まった時間に搾乳機を使って乳しぼりを行います。

また、飼育している乳牛の健康管理が一番重要となってくるので牛舎の掃除や餌づくりは常に欠かすことができません。

乳牛は牧草を主食としています。酪農家の仕事の一部としても牧草の栽培があります。栽培の流れとしては、春から秋にかけて堆肥(牛のフンなどを発酵させて肥料化したもの)をまき、成長した牧草を収穫するといった手順です。秋の収穫が終わったら発酵させ、長期的な保存ができるようにしておきます。この手順を行う酪農家の手腕によって、栄養価の高い餌が作れるかが問われることになります。

そして、乳牛は子供を出産してから初めて乳が出るようになるため、1年に1回はお産をさせる必要が出てきます。そのため、人工授精に関わることや難産だった場合の補助に携わることもあります。

酪農家をボランティアでするための探し方

酪農家は常に人手不足や働いている人の高齢化に悩まされている業界であるため、ボランティアの募集をしているところや、未経験者歓迎の求人は一般的な求人サイトでも多くあります。

学生歓迎のところであれば高校生から参加することも可能ですが、都市部ではないので地方に行く必要が出てきます。

さらに、仕事の特性として昼夜問わずに働くため、住み込みか寮などに入るのかを考えて探した方が良いでしょう。

期間としては、1週間程度の短期から3か月以上の長期まで募集されています。学生の場合は、夏休みなどのお休みを利用して行ってみるのも良いかもしれませんね。もし本気で酪農家になりたいと目指しているのであれば、勉強を兼ねて長期ボランティアを探してみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

酪農家はボランティアでも行うことが可能で、一定数の求人もありますので興味があればぜひ探してみてください。