正直、酪農家は初任給でいくらもらえるの?

この記事はこんな人向け!
・酪農家になりたい人
・酪農家の初任給を知りたい人
・動物と関わる仕事がしたい人

普段生活していたら何げないことでお世話になっているのが酪農家ですね。

チーズや牛乳、ヨーグルトなど食生活で小さい頃から、人が成長するのに必要不可欠な食材です。

では、そんな食材を作ってくれている酪農家たちは、いったいいくら初任給を貰っているか想像できますか?

この記事では酪農家の平均初任給についてご紹介します。

酪農家はぶっちゃけ稼げるのか?

酪農家と聞くと、「牛のお世話をしている人」と何となくイメージする人が多いことでしょう。

特定の特殊な環境が整わない限り慣れない職業が酪農家です。

そのため、軌道にのることができれば、酪農家は稼ぎやすい職業といえるのです。

平均初任給について

平均初任給はだいたい16万円〜20万円前後です。

これは、一般の職業と比較したら若干低い程度ですので、給料面では大差はありません。

その後、どこまで酪農家として稼ぐのかは自分次第となります。

酪農家が稼ぐ方法

では、初任給16〜20万円前後の酪農家が稼ぐ方法はどういった手段を使う必要があるのでしょうか?

そもそも、酪農家になるのには2つの方法があります。

1つは、酪農家のオーナーとして1から経営をスタートさせる方法。

もう1つは、酪農家を募集している牧場などに就職する方法。

ちなみに、いきなり未経験から酪農家になることは難しいため、最初は牧場などに酪農ヘルパーとして就職する方が多いです。

いきなり就職の前に職業体験という方法も

酪農家はボランティアでもできる?仕事内容と探し方

2021年1月4日

酪農家として稼ぎながら生き残って行くには独立するかしないかが非常に大切になってくるのです。

雇われ社員として、動物が大好きだからと働き続けることには限界があると多くの声が寄せられているのです。

将来1,000万、2,000万円と更に稼いで行きたいという志を持つ方であれば、独立する必要があります。

そこから軌道に乗せられれば、3,000万円以上の年収を得ることも現実的なのです。

酪農家の休日事情

では、初任給は月並みですが、先々たくさん稼げる将来性を秘めた酪農家の休日事情を見ていきましょう。

酪農家のお仕事の流れ

酪農家の1日の仕事の流れをご紹介します。

朝5:00 起きる

朝6:00 牛舎へ行って、お掃除開始

朝11:00まで牛の餌やりなどお世話

お昼休憩

午後1:00〜20:00 餌やり・寝藁敷き・搾乳・子牛の哺乳や餌やり

これが酪農家のお仕事の流れです。

時々休憩をはさむとはいえ、体力仕事であると分かりますね。

お休みは何日ぐらいあるの?

酪農家のお休みは月に4〜6回です。

どの牛舎に勤めるか次第でこの休日日数は変化します。

また、牛舎がある場所でなければ酪農はできないため、休日にちょっとお買い物に♪と気軽に近くのお店へ行くのに片道2時間以上!なんてことは通常運転です。

そのため、休日は疲れた体を休める人が多いようです。

もちろん大自然の中で働いていることを活かして、ネイチャーツアーに参加している人もいらっしゃるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初任給は正直たくさんとは言える職業ではありませんが、独立するか、サラリーマンで働くかで大きくその先の収入が変化していく職業なのが酪農家です。

酪農家として5年10年続けて行くには独立した方がいいという経験談も多くあるのが実態です。

将来的にどうなりたいのか、検討した上で酪農家という職業を選択すれば、唯一無二の職業となってくれることでしょう。