水族館飼育員の専門学校って何を学べるの?選ぶポイントは?

この記事はこんな人向け!
・水族館飼育員に興味がある人
・水族館飼育員の専門学校について知りたい人
・水族館関連の仕事を知りたい人

「水族館飼育員になりたいんだけど進学で悩んでいる」「水族館で働くための専門学校を選ぶポイントって?」など、水族館飼育員になりたいけどどうすればいいのか悩んでいる人も多いと思います。

専門学校を選ぶ基準が分からないと悩んでいる人に、水族館飼育員になるための専門学校について、専門学校では何を学べるか、専門学校を選ぶポイントをご紹介します。

水族館飼育員の専門学校で学べること

「自分が将来、何になりたいのか」なりたい職業を明確にすることが一番です。

大学では一般教養をはじめ専門職以外のことも学びます。

しかし専門学校では、主に専門知識を学ぶのです。

「水族館で働きたい!」と思っても、飼育員になりたいのか、ドルフィントレーナーになりたいのか、学芸員になりたいのかを明確にすることが大切になります。

水族館飼育員に目標を絞ったら、専門学校で水族館飼育員の専門的な知識、技術、必要な資格を学べる専門学校を探します。

専門学校によって学べる学習や実習が異なるので、自分がなりたい仕事を明確にし選ぶことが重要です。

水族館飼育員の専門学校を選ぶポイント

では、何を基準に専門学校を選んだらいいのでしょうか?

専門学校を選ぶポイントをご紹介します。

授業内容

専門学校の授業内容は学校によって、授業内容や授業計画が異なります。

自分の目的にあったカリキュラムを組んである専門学校をしっかり調べましょう。

加えて、水族館飼育員を目標にした専門学校には2年制と3年制があります。

2年制は早く就職出来るメリットがありますが、カリキュラムがぎっしり詰まっていて早く知識や技術を取得できるのがメリットです。

3年制は知識や技術以外にも、水族館飼育員の将来に必要なマーケティングなどの知識を学べるところもあります。

専門学校を選ぶときには、ホームページ、パンフレットを参考にオープンキャンパスなどに参加し自分の目で確認することも大切なポイントです。

実習の環境や設備

水族館飼育員を目指すのであれば、座学での知識を学ぶことが大切なのは当然ですが、実際に水生動物たちと触れあって実習し経験を積むことが重要になります。

専門学校は、座学中心の授業の学校や実習中心の授業を行う学校もあります。

実習も校内だけの施設なのか、実際の水族館で実習を行うのかは専門学校によって考え方が異なるのです。

自分はどちらの学び方が適しているか見極めることも大切になります。

専門学校の実習に使用する設備や施設、研修先の施設や環境などを確認しておきましょう。

生徒全員が体験できる施設が整っているかも確認が重要なポイントになります。

就職の実績

就職サポートの手厚さを確認することを忘れないようにしましょう。

就職担当の先生達から研修や履歴書の書き方、面接対策などサポートしてもらえれば就活時に安心です。

今までの就職実績は大切です。

卒業後、どんな水族館に就職できるのかを見極めることが出来ます。

就職実績はホームページに掲載されていることが多いです。

卒業生のインタビューや就職先なども載っていますので、将来就職したい水族館や企業があるのか確認することが大切なポイントとなります。

通学しやすさ

通学しやすさも大切なポイントになります。

毎日のことなので通学時間は短い方がいいです。

しかし、通いたい専門学校が近いとは限りません。

もし、通いたい専門学校が遠方にあるときには、通うのか一人暮らしをするのかは親御さんと一緒に考えていかなければなりません。

学費・研修費など費用

一般的に専門学校の費用は学ぶ内容やカリキュラムのよって1年間で65万円~150万円と大きく異なります。

その上、実習料は別で費用が発生する場合や研修に必要な材料費なども追加で発生することがあるのです。

専門学校を選ぶときのポイントとして、希望の授業やコースを選択すると在学中にどのくらいの費用が必要なのかは確認しなければなりません。

資格取得

どんな資格を取得できるのかも大切なポイントです。

水族館飼育員に必須の資格はありませんが、潜水士、スキューバダイビングのライセンス、小型船舶操縦士などの資格は取得しておいた方が就職に有利になります。

全てのポイントを満たすことは難しいと思います。

自分の将来にとって、何が重要なポイントになるかをしっかりと考えて専門学校を選んでください。

まとめ

水族館飼育員になるために通う専門学校を選ぶポイントをご紹介しました。

  • 専門学校では水族館の専門的な知識、技術、資格を学べる。
  • 専門学校を選ぶポイントは
  • 授業内容
  • 実習の環境
  • 就職の実績
  • 通学しやすさ
  • 学費・研修費
  • 資格取得

専門学校によって学べる学習や実習が異なるので、自分が将来つきたい仕事を明確にし選ぶことが大切です。

水族館飼育員は求人数が少なく狭き門といわれています。

専門学校や大学を卒業したからといって就職できるものではありませんが、専門学校在学中に、水族館飼育員になるために自分を磨きいつでも水族館飼育員になれるように努力してください。

水族館飼育員を目指す方のお役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。