野生動物調査員の求人状況・就職先の選び方のポイント

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員の求人状況・就職先を知りたい人
・自然や動物が好きな人

野生動物調査員を目指していると、求人状況や就職先も気になってきますよね。

野生動物調査員のお仕事の求人は他職業に比べると豊富ではなく、専門的なお仕事になるので、就職の難易度も高くなります。

今回は、野生動物調査員の現在の求人状況や就職先の選び方のポイントについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください!

野生動物調査員の現在の求人状況とは?

野生動物調査員の現在(2021年6月時点)の求人状況を調査したところ、少しですが求人が見当たりました。

雇用形態は少ない中でも正社員の物が多くみられたのですが、派遣社員やアルバイト・パートの募集もいくつか見当たりました。

しかし、かなり少ない求人状況でしたので、現在野生動物調査員の求人を探している方は、出来るだけ早く応募することをおすすめします!

就職により有利となる方法とは?

野生動物調査員の求人はかなり少なく確実に就職するためには、より企業が必要としている知識・技術・経験などを満たしておく必要があります。

就職により有利となる方法は

  1. 専門学校または大学を卒業する
  2. 大学院を卒業する
  3. 資格を取得しておく
  4. 英語能力を身に着けておく
  5. コミュニケーション力が備わっている
  6. データを分析・まとめる力がある

全てを満たしているに越したことはありませんが、特に学歴や資格は応募条件とされている企業も多いので、クリアしておくことをおすすめします。

野生動物調査員の就職先とは?

野生動物調査員として働く事の出来る就職先は以下の通りです。

  • 調査会社
  • 行政・特殊法人
  • コンサルティング会社
  • NPO法人
  • NGO団体      など…

主にこれらの就職先で、野生動物調査員として活躍する事ができます。

就職先の選び方のポイント

就職後に後悔してしまわないためにも、最低限以下の事もチェックしながら就職先を選びましょう!

  • 勤務地
  • 残業の有無
  • 週休(休日・休暇)
  • 年収・月給
  • 給与補足(賞与/昇給/残業代など…)
  • 雇用形態
  • 転勤の有無
  • 有給の有無

就職先の選び方のポイントは、就職先を選ぶ前に上記のチェック項目について、考える事です。

お給料は月にどのくらいあれば生活できるか?残業はどのくらいなら可能?週何日お休みがあればいい?転勤があるとすれば可能?など、今の自分の状況も考えながら、チェック項目を作っていきます。

そして、求人の中から一番チェック項目に近い求人をピックアップして応募するようにしましょう。

面接時には社内の雰囲気をチェック!

面接時は緊張してしまい、いつの間にか面接が終わってしまっていた…なんてこともありますよね。

しかし、せっかく将来お仕事をするかもしれない職場を見ることができるのに、面接だけなのは少し勿体ないこと。

好きな事をお仕事にできても、職場環境が悪ければ続けていくことは難しいです。お仕事をより長く続けて行くためにも、緊張を抑えながら一度周りを見渡してみて、社内の雰囲気をチェックしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員の求人情報は数少ないため、常に求人情報をチェックしておくことがおすすめです。

また、お仕事を長く続けるためにも、自分に合っている仕事内容や職場環境かどうかも必ずチェックしておきましょうね!