野生動物調査員に似ている職種とその違い

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員ににている職種とその違いについて知りたい人
・自然や動物が好きな人

生き物や自然を調査するお仕事は、野生動物調査員のお仕事だけではなくいくつかあります。

似ている仕事でも、お仕事の内容は少しずつ違います。

ここでは、野生動物調査員に似ている職種とその違いについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください!

野生動物調査員と環境アセスメント調査員の違いは?

野生動物調査員は企業によって呼び方が違い、「環境アセスメント調査員」と呼ばれている企業もあります。

仕事内容に大きな差は無く、必要な知識も野生動物調査員と同じになります。

野生動物調査員に似ている職種

野生動物調査員のお仕事に似ている職種をお仕事の内容と一緒にご紹介いたします!

レンジャー(自然保護管)

レンジャーの主なお仕事内容は

  • 狩猟、植物を採集する許認可
  • イベント開催
  • 国立公園内の調査(パトロール)
  • 施設・設備・管理運営
  • 環境教育
  • 外来種対           など…

レンジャーのお仕事は自然に関わるお仕事以外にも、環境の教育への取り組みやイベントの開催などお仕事の幅が多い分業務内容も忙しくなります。

国家公務員な事もあり、難易度は高く試験も難しい職業です。

環境コンサルタント

環境コンサルタントの主なお仕事内容は

  • 環境に関係する問題を分析する
  • データ解析や調査(裏付け)
  • 調査結果をもとに企画の立案や制度の設計

環境コンサルタントのお仕事は、データを分析したり解析したりとかなり忙しい職業となり、労働時間も長くなりがちなお仕事です。

実力主義で、資格の取得やスキルアップなども含め、自分の成果をあげれば上げるほどお給料もその分上がっていきます。

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士の主なお仕事内容は、自然環境保護や再生のため、都市や農村などの地域計画にたずさわり、自然環境の造成・復元をおこなうお仕事です。

ビオトープ管理士は勤務先の種類も豊富で、特に必須となる資格はなく、需要も増大してきています。

インタープリター

インタープリターの主なお仕事内容は、自然学校・自然観察会などのイベントの際、野生動物や植物などの自然について参加者へ伝えるお仕事です。

自然がいかに素晴らしいかを伝えるために活躍するインタープリターのお仕事は主に、以下のような団体や企業に所属する事ができます。

  • 自然団体
  • 地方公共団体
  • エコツアー事業所

まとめ

いかがでしたか?

それぞれ、環境に貢献をするという共通するお仕事ですが、そのお仕事内容は大きく変わってきます

実際に現場へ行き働くお仕事や、企業へ指導をするようなお仕事、自然の素晴らしさを人へ伝える事ができるお仕事など、あなたが興味のあるお仕事やりがいを感じられそうなお仕事にぜひ、挑戦してみてください!