ブリーダーという仕事のやりがいや楽しさ・魅力について

ブリーダーの仕事は命の誕生に立ち会える、成長が見られるなど、楽しさや大きなやりがいを感じる仕事ですのでどんな時に魅力を感じられるのかお話していきます。

ブリーダーのやりがいや魅力とは

たくさんの犬とのふれあい、大好きな犬のお世話や繁殖に関わること、犬好きにはたまらない仕事がブリーダー。その魅力について紹介していきます。

生命の誕生への立ち合い

なんといっても命が生まれる瞬間の立ち合いや関わり、子犬が産まれるまでの母犬のお世話を通して、お腹の中ですくすくと成長していく様を見届けられることの魅力に尽きます。

大事に世話している母犬が一生懸命、出産する姿は感動を感じるやりがいのある仕事。

無事に生まれた瞬間にブリーダーをしていて良かったと感じることが最大の魅力ではないでしょうか。

新しい家族への橋渡し

無事に生まれたことで仕事が新たに始まります。母犬が子育てをしっかりと出来ているか、母乳が飲めているか、子犬の体重がきちんと増えているか、産後の母犬の様子も観察していきます。

このような仕事を日々重ねながら、成長した子犬を無事に新しい家族の元へ送り出すのもブリーダーの大切な仕事。

どんなご家族様の元へ行くのか、しっかりと困らないように子犬と新しい家族の方が円滑にいくように橋渡しをするのもブリーダーの重要な役割であり、魅力でもあります。

ペットショップや個人ブリーダーは直接お客様と対面しますが、犬舎で働く場合には卸先の方へ橋渡しする形となります。

ブリーダーの楽しさとは

ブリーダーを目指す人には、犬が好きだからという方が多いのではないでしょうか。犬に関わる時間が長く、日々変化し、働く中に、触れ合う楽しさがあります。

犬とのふれあいの仕事

ブリーダーの日々のお仕事はご飯をあげたり、犬舎を掃除したり、様子観察することです。

その時間の中で犬をよく見ることで、元気がない・食欲がないなど異常を早期に発見できるため、触れ合うことが重要な日々の仕事になります。

遊ぶわけではありませんが、毎日スキンシップを図ることは犬にとってもブリーダーにとっても嬉しく、楽しみでもあります。

犬の成長

母犬たちの子育てがうまくなっていく成長や健康でいてくれること、子犬が日々育つことはブリーダーにとって何よりも楽しみです。

まだ目の開いてない子犬の目が開く瞬間や、子犬の成長過程の社会化期間には、兄弟ケンカをしたり、母犬に怒られたり、元気にお腹すかせ、もりもりとご飯を食べる姿を見るだけで嬉しくなります。

ブリーダーのやりがいや楽しさには犬がいつでも元気に生活する姿を見る事なのかもしれません。当たり前の生活を犬たちが送る事が出来ることが、ブリーダーの魅力といってもいいのではないでしょうか。