ドックトレーナーの初任給の平均って?

この記事はこんな人向け!
・ドッグトレーナー に興味がある人
・ドッグトレーナーの初任給を知りたい人
・色々な職業の給料を知りたい人

比較的やんちゃな小型犬から、子犬の頃からしつけをしておかないと成長した段階で家庭内で飼うことが困難になる大型犬まで、飼い主さんの言うことを聞くように正しく犬に対して分かりやすくしつけを教えるのが【ドックトレーナー】。

動物の中でも特に「犬」が大好き!という方はこの職業に一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか?

この記事では、そんな「ドックトレーナー」の給料事情について解説していきます。

ドックトレーナーの初任給について

一般家庭で問題行動が収まらない小〜中型犬へのしつけを通して飼いやすい子にしつけたり、ピットブルテリアなど育て方を間違えると、攻撃性などが原因で手放さなければならないリスクを持つ犬種へのサポートをするのがドックトレーナーです。

実際の所、初任給についてはどこまで支給されるのか水準を見てみましょう。

平均の初任給って実際の所どれくらいなの?

ドックトレーナー正社員として勤務し出したら平均初任給は15万円〜20万円弱と言われています。

勤務する地域や、勤務先によってもばらつきはありますが高額のお給料を稼げるというわけではないです。

しかし同時に、仕事で毎日犬と接することができ、好きを仕事にしたいと思う方には絶好の仕事であるとはいえます。

平均年収は250万円〜400万円と幅がずいぶん広いので実力・経験によっても差が現れやすい職業です。

ドックトレーナーの働く環境について

ドックトレーナーはどこで働くことになると思いますか?獣医師や動物看護師の働く先は動物病院ですよね。

それに対して、ドックトレーナーは、

  • トリミングサロン
  • 犬のしつけ教室(犬の幼稚園)
  • ペットホテル
  • 保護団体施設

等様々な場所で勤務することになります。

そこには、飼い主さんが我が子に対して

  • 「今でも一緒に過ごすには困っていないが、もっと色々なことを教えたい。」
  • 「かわいくて飼ったけど吠え癖が直らなくて困っている。」
  • 「大型犬を飼ったが、子犬の内にしつけを完璧にしておきたい。」

などの理由を抱えて様々な場所に依頼に来ると言う背景があるからです。

働く環境については大きく会社員として働く場合とフリーランスとして働く場合の2つに別れていますので、それぞれ解説していきます。

会社員として働いた場合

サラリーマンとして勤務した場合は、指定された場所にて定額の給料で勤務することになります。

労働時間に対して残業時間がしっかりついてこないといったデメリットがある一方で、福利厚生が安定した企業に正社員として勤務出来れば育休産休制度など利用出来ますので一長一短です。

フリーランスとして働いた場合

いきなりフリーランスというわけではなく、会社員としてある程度実力(大会などで優勝させるなど)と経験を積めば独立して働くという道もあります。

フリーランスとして働くと、ある程度時間に融通が利き会社員時代よりも稼ぐことが出来る可能性があります。

その分、成功しなければまたどこかに勤めるというリスクもあるので全て自分次第となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

平均初任給が安い、高いからなるのではなく犬とふれ合うことがお仕事にするほど大好きなのか?ということをしっかり考えた上でドックトレーナーという職業を選択すると天職になるかもしれませんよ。