薬理学を学習するためのおすすめの書籍とは?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師で薬理学について勉強したい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人


看護師として働くときはいろいろな知識やスキルを習得することが大事です。看護師の場合は臨床などの技能も求められるため、しっかり対処できるようにするためにも学習しておくのは良いことです。臨床の場合、特に大事になるのは薬理学ですが「どのように薬理学を学習できるの?」と疑問を持つ人もいるでしょう。薬理学を学習するためのおすすめの書籍について紹介します。

薬理学におすすめの書籍とは?

動物の薬理学を勉強するための書籍にもいろいろあります。しかし、動物看護師になるための薬理学の種類は多くありません。そのため「どんな本がおすすめなの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。動物看護師でおすすめできる薬理学の書籍には以下のものがあります。

短く覚える動物薬理学の本


1つ目におすすめできるのは「短く覚える動物薬理学の本」です。こちらは獣医師国家試験や愛玩動物看護師試験に対応している内容が記載されており、動物看護師として活躍したい方にはうってつけの書籍です。

薬理学の内容についても記載されており、難しい内容も簡潔に記載されていて、単語ごとの意味も解説しているので、よく理解することが可能です。

ペットに処方される薬の内容についても記載されているので、どんな薬を使用するのか理解することができます。薬理学の内容についてわかりやすく丁寧に記載されているのは、大きなメリットなのでぜひ読んで学習してみてください。

小動物の臨床薬理学

2つ目におすすめできるのは「小動物の臨床薬理学」です。こちらの書籍は基礎的な部分に加えて臨床応用についても記載されており、薬理学についてしっかり学習することが可能です。

特に、臨床の応用については治療のガイドラインもしっかり記載されているので、しっかり理解することが可能です。出版された年代は古いですが、今でも動物についての薬理学に貢献できる書籍です。

プラクティカル動物薬理学


プラクティカル動物薬理学は実践に沿った臨床内容について記載されています。獣医師にとって必要な知識やスキルについて詳しく述べられており、動物に対しての医薬品の有効性や安全性について詳しく記載されています。

他にも処方や調剤、調合、投与について基本的な知識が記載されているので、動物に投与する医薬品について徹底的に理解することが可能です。薬理学の毒性についても記載されているので、動物看護師を目指している人は読んでおきたい書籍と言えます。

犬と猫の臨床薬理ハンドブック


動物の犬や猫の薬理学について記載されているハンドブックです。薬の知識をコンパクトにまとめてわかりやすく使用の内容について記載されているので、初心の方も動物の医薬品の使い方について学習することができます。

各章末には演習問題も記載されており、章で学習したことがしっかり理解できているのか確認することが可能です。臨床知識を得たい方は読んでみることがおすすめです。




コメントは受け付けていません。