動物看護師の給料や年収はどれくらい?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師に興味がある人
・動物看護師の年収を知りたい人
・様々な職業の年収を知りたい人

動物病院の看護師として様々な業務を行う動物看護師。薬剤管理や入院管理など豊富な知識と高い技術力を求められる職業です。

人間の看護師と言えば高給なイメージがありますが動物看護師の金銭事情はどうなっているのでしょうか?

今回は気になる動物看護師の給料や年収額について掘り下げていきたいと思います。

動物看護師の金銭事情はどうなっているの?

動物看護師として臨床現場で勤務する場合の金銭事情をご紹介します

動物看護師の年収・給与:新卒動物看護師の場合

新卒で動物看護師になった場合の初任給は平均で15~17万円前後と言われています。大卒の一般社会人の初任給平均が24万円前後ですから、それに比べるとかなり少ない金額になっています。

病院によって差はありますが多くの場合賞与は年2回、1か月分ずつです。年収に換算すると210~240万円程、ここから社会保険料が引かれていきますので手取りはもう少し少なくなります。

次の記事で初任給に関して詳しく書いていますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

動物看護師の年収・給与:中堅動物看護師の場合

動物看護師の中堅と言うと3~5年目辺りを指します。体力的にも厳しい仕事ですから辞めてしまうスタッフも多く、この年数になる頃にはスタッフの半数以上が後輩、という事もあるかと思います。

一通りの仕事を一人でこなすことができ、新人教育など教える側に回る頃になってきます。給与は20万円前後かと思います。パピー教室など病院で主催するプロジェクトの担当に決まっていれば給与とは別に特別手当てが支給されるケースもあるでしょう。年収に換算すると280万前後になるかと思います。

動物看護師の年収・給与:ベテランの場合

5年以上経てば、もうベテランとして扱う動物病院も多くあります。小規模な病院であればこの時点で一番上になっていることもあるでしょう。看護師長や副看護師長などの役職に就く方も出てきます。役職に就いた場合の給与は23~25万円ほどの金額になるかと思います。

給与とは別に役職手当を支給する動物病院も多く、その分それまで以上に外来の回り方やスタッフの特性など様々な部分に目を配らなくてはなりません。病院が円滑に回るよう努力することで、その評価が給与にも反映されてくるでしょう。年収に換算すると280万円前後になってきます。

いかがでしたか?あくまで自身や身の回りの動物看護師の経験を踏まえた金額です。病院がある場所や院長の考え方でも大きく差がつく部分ですから就職先を探す際は遠慮せず聞いておきたい事をしっかりと確認しましょう。

ハーナスバナー