動物看護師になるためにおすすめの資格は?

動物看護師の仕事をする上で必要となる知識や技術は医療面だけではありません。しつけやトリミング、栄養学や接客など様々な知識が仕事の中で必要になってきます。

勿論現場に出てから実践で身に着けてもいいのですが事前に資格として知識を持っているとなおスムーズに仕事を進めることができます。そこで今回は動物看護師になるために保持しておくと有利なおすすめの資格をご紹介します。

この記事はこんな人向け!
・ハンドラーに興味がある人
・ハンドラーの活躍の場所を知りたい人
・ハンドラーの就職先を知りたい人

動物看護師におすすめの資格とは?

動物看護師として働くときに役に立つお勧めの資格をご紹介します。

認定動物看護師

実は資格を保持していなくても働くことができる動物看護師。ですが資格を保持している事実は何よりしっかりと勉強をしてきた証拠にもなります。

また飼い主さんも資格を保持しているスタッフというだけで安心してくれることも。認定動物看護師は取得しておくほうがその後の動物看護師生活が円滑に進むでしょう。

トリミング資格

爪切りや肛門腺などのグルーミング行為は勿論、トリミングを行っていない動物病院でも汚れてしまった動物をシャンプーする機会は意外と多くあります。

不格好でも構わないからカットしてほしいという依頼も多く経験がないスタッフは戸惑う事もあります。トリミング資格を保持していれば即戦力となり活躍することが可能です。

しつけや栄養学資格

動物看護師が飼い主さんから相談されるトラブルの中でも、しつけ問題は非常に件数が多いです。無駄吠えや咬み癖、子供との付き合い方やトイレのトレーニングなどその内容も様々です。

ただしつけに関して詳しく学んできた動物看護師は数が少なく、掘り下げてアドバイスができないことも。しつけ関連の資格を保持している場合、そういった場面で活躍できるほか、パピー教室などの担当を任せてもらえるチャンスを作ることができます。

また食事面での相談事も多く、手作り食や栄養素のバランスなどに詳しいスタッフがいると重宝されます。予後不良の動物にいかに美味しく高栄養な食事を食べてもらうか、入院中の動物が少しでも口にできるものは何か。知識が役立つ瞬間は様々な所に散りばめられています。

接客関連の資格

口が聞けない動物たちを連れてくる飼い主さんは基本的に不安でいっぱいです。またどんなに頑張っても亡くなってしまう子もいます。とてもデリケートなシーンでの接客も多く基礎知識として正しい言葉の遣い方やクレーム時の対応方法などを資格として保持しておくと安心です。

いかがでしたか?動物病院は少し特殊な環境です。どんな資格であっても活かすことができますから取れるものはどんどん取得し、自分のステータスをあげておきましょう。

ハーナスバナー