動物看護師は何をする人?お仕事内容教えます

動物病院で獣医師の補佐や患者様対応を行うのが「動物看護師」です。その仕事内容は多岐にわたり受付はもちろん調剤や検査など専門的知識や技術を要する職業です。動物看護師だからこそ飼い主様から聞き出せる症状や悩みも多く、獣医師と飼い主様の懸け橋になれる重要なポジションです。

動物看護師の仕事内容とは

動物看護師が行う様々な業務をご紹介していきます

動物の保定やお世話

動物の保定は動物看護師が行う仕事の中で最も頻度が高い仕事です。

ただ押さえつけるのではなく動物が苦しくないように、そして処置が行いやすいように保定することが重要です。

処置者である獣医師が手に傷を負ってしまうとその後の診療業務や手術に大きな影響が出てしまいます。絶対に処置者を咬ませないよう注意する必要があります。

またペットホテルや入院でお泊りしている動物たちのお世話も動物看護師がメインになって行います。排泄物の処理や食事の配膳など基本的なことから体位変換や強制給餌など医療ケアも行います。

手術の助手や処置の補佐

手術を行う際には獣医師と一緒に手術に入り、器具の受け渡しや手術の進行を補佐するオペ助手という業務があります。執刀する獣医師が次に使いたい器具を先出ししたり、術部の開口具合を調節したりします。

また、獣医師が手術に集中できるよう麻酔中の心電図のモニタリング、手術の記録を取るなども動物看護師の仕事です。

麻酔を使わない処置の場合も、使用する器具の用意や剃毛、消毒など全面的に獣医師をサポートしていきます。

検査や調剤

血液検査は基本的にほぼ全て動物看護師が行います。採血は動物にとってストレスでしかありません。血液を無駄にすることがないよう細心の注意を払って検査を進めていきます。緊急輸血を行う場合には動物看護師がクロスマッチを行うこともあります。

また動物病院には薬剤師がいないため獣医師が処方した薬を作成するのも動物看護師です。薬を作るだけでなく錠剤か粉か、投薬用のシロップはいるか、など内服しやすいよう動物に合わせて作成していきます。

受付業務や在庫管理

受付でお会計や電話対応を行います。診察室で獣医師に聞きにくかったことや普段悩んでいる些細な事など、ここで看護師に相談される飼い主様が多くいらっしゃいます。安心してもらえるようしっかり話を聞き獣医師に引き継ぎます。また院内の物品管理も重要な業務の一つです。薬や物品、フードなど在庫チェックを定期的に行い、過不足がないよう管理していきます。

いかがでしたか?動物病院には検査技師や薬剤師などは存在していません。診療と手術、処置以外の全てを動物看護師が担っていると言っても過言ではありません。それだけ知識や技術が必要ですが、その分やりがいのある仕事です。