動物看護師を目指す方へのメッセージ

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の実際の体験を聴きたい人
・動物看護師を進路に考えている人

動物病院の看護師は「動物に囲まれて楽しそう」「子犬や子猫を触れて羨ましい」なんて言われたりします。ですが実際は動物が好きだからこそ辛く悲しい思いをしなくてはいけない仕事でもあります。どんなに動物が好きでも、動物からは嫌われてしまう事も…。

でも長く続けるほどやりがいのある、素晴らしい職業です。今回は動物看護師を目指す方に、伝えておきたいメッセージを書かせて頂きます。

動物看護師を目指す方にこれだけは伝えておきたいメッセージ

時に辛く、辞めたくなることもありますが実際に13年近く動物看護師を続けている人間として、これだけは知っておいてほしいというメッセージをまとめました。

学生時代はあくまで基礎構築です

動物看護師になる方のほとんどが専門学校や短大、大学を卒業して入社します。今後は国家資格化することもあり、なおのこと学校を出て動物看護師になる方が増えるかと思います。

ですが、あくまで学校で学んできたことは基礎中の基礎だけです。本当に大切な処置の技術、病気の知識、緊急時の対応力は現場で身に着けていきます。入社してわからないことや出来ないことがあるのは当然です。焦らずに進んでいきましょう。

できなくても大丈夫!人と比べずに

新人のうちは、同期がいると特に自分の方が劣っている、と悩んでしまう日もあります。ですが、動物看護師の仕事は沢山あって、その中で向き不向きが出てくることは仕方がない事です。

接客が得意な看護師もいれば、話すのは苦手だけど動物の保定はピカイチ。なんてスタッフもいます。人と比べず、自分の長所を生かした動物看護師を目指しましょう。

動物、そして飼い主さんを大切に

動物病院に訪れる飼い主さんや動物は不安でいっぱいです。飼い主さんはなぜ体調が悪いのか、どんな風に具合が悪いのか何もわからない状態でやってきますし、動物たちも具合が悪いのになぜか見知らぬ場所に連れてこられ、何をされるかもわからない恐怖でいっぱいの状態です。

その緊張や不安を和らげてあげることは動物看護師の重要な業務です。何よりも優先してください。よく話を聞き。よく観察し、できるだけ飼い主さんや動物たちの意思を汲み取ってあげましょう。

動物病院は一つじゃない

残念ながら勤務先の動物病院と相性が合わなかったら無理して続けなくても大丈夫です。動物病院の中にも大きな病院から小さな病院、専門分野がある病院など様々な病院があります。合わない勤務先で無理して続け、動物看護師自体を嫌になってしまうくらいなら見切りをつけて自分に合った病院をもう一度探しましょう。

動物看護師は動物を看る仕事です。一時辛くても、少し踏ん張ってみるとやりがいのある素晴らしい仕事であることに気が付ける日がやってきますよ。