専門学校で厩務員を目指すメリット・デメリット

この記事はこんな人向け!
・厩務員に興味がある人
・専門学校に通って厩務員を目指そうとしている人
・専門学校のメリット・デメリットを知りたい人

厩務員になる方法の一つが、専門学校への進学です。専門学校で学ぶメリットは、馬の専門的な知識と技術が得られることでしょう。

馬と過ごす時間が多い点も魅力です。また就職や留学のサポート体制が充実している点も、専門学校のメリットといえます。

ただし馬と無関係の分野に心変わりした場合は、専門学校への進学がデメリットとなる恐れがあることも覚えておきましょう。

厩務員の専門学校で学ぶメリット・デメリット

専門学校で厩務員について学ぶメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。

馬についての知識と技術を学べる

専門学校で厩務員について学ぶ最大のメリットは、独学では習得の難しい、専門的な知識と技術を得られることでしょう。

馬の専門知識はもちろん、難関といわれる競馬学校の入学試験対策に力を入れている専門学校もあります。

また技術面においては、基礎から応用までの乗馬スキルや、馬匹や厩舎を管理するスキルの習得が期待できるでしょう。

このほか在学期間中に、馬とふれあう機会が多く設けられている点も、専門学校に進学するメリットといえます。

全寮制を採用している専門学校もあり、馬をより身近に感じたい方には嬉しい学習環境といえるでしょう。

就職や留学のサポートが手厚い点も嬉しい

馬に関わる職場への就職に強い点も、厩務員の専門学校で学ぶメリットといえます。牧場や乗馬クラブの求人が専門学校に寄せられるため、希望する職場を見つけやすいでしょう。

NAR(地方競馬全国協会)の厩務員になる場合は、地方競馬の調教師と直接雇用契約を結ぶ必要があります。

専門学校でおこなわれる職場実習などをとおして、就職につながる人脈づくりの機会を逃さないようにしましょう。

また厩務員の専門学校のなかには、希望者の留学をサポートする制度を設けた学校があります。

在学中に1~3ヶ月ほどの短期留学ができるので、留学が初めての方も安心できるでしょう。留学先は競馬の本場であるオーストラリアが多い傾向にあります。

留学に関してまとめた記事がありますので、合わせてお読みください。

他職種への心変わりはデメリットの恐れあり

厩務員の専門学校を卒業後の進路は、競馬学校への入学、海外留学、就職など人それぞれです。

就職先においては、牧場や乗馬クラブが主だっている傾向にあります。

そのため途中で馬と無関係の職種への就職を望んだ場合、専門学校への進学がデメリットに働く可能性が出てくるでしょう。

厩務員を目指すにあたり、専門学校で学ぶことのメリットとデメリットをご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

メリットとデメリットをそれぞれ見極め、専門学校に進学するかどうかを選択しましょう。