水族館飼育員になるには高校で何が出来る?進路もご紹介

この記事はこんな人向け!
・水族館飼育員に興味がある人
・水族館飼育員になりたい高校生
・水族館関連の仕事を知りたい人

「水族館で働けたらいいな」「水族館飼育員になりたいな」と考えている高校生の人も多いと思います。

しかし、水族館飼育員になるためには何をしたらいいのでしょうか?

高校在学中に出来ることと、高校卒業後の進路も紹介します。

高校卒業後の進路

水族館飼育員は専門的な知識と経験が必要です。

もちろん、昔は高卒でアルバイトしながら経験を積み水族館に就職できたということがありましたが、現在では難しい話です。

必要な知識を学ぶためには、大学進学か専門学校進学が選択肢になります。

では、大学と専門学校の特徴を見ていきましょう。

大学

大学進学を目指すならば専攻ははどこになるのでしょうか?

大学を選ぶときには、動物の飼育に関する知識、野生動物と自然環境尾関係性について学べるように動物系や海洋学径を選びます。

具体的には、海洋生命科学、生命環境学、生物学、海洋学、水産学、生物生産額、生物地球学、生命工学な祖を専攻します。

そして、獣医として水族館飼育員を目指すのであれば、獣医学部に進学が必要です。

学費も、国公立・私立によって巾がありますが獣医学部以外は、初年度80万円~

180万円程度です。

大学では、生物の知識だけではなく自然環境まで専門的な知識を学べ、調査などで体験も培えます。

大学進学のために、高校では生物の勉強に力を入れ、理系を頑張る必要があります。

専門学校

専門学校は、水族館飼育員に必要な知識と体験を習得することが出来ます。

専門学校を選ぶときは、実習が豊富な専門学校を選ぶのがおすすめです。

専門学校のカリキュラムは二年制で組まれているところが多く、実習体験や経験を学べるように豊富に用意されています。

短期間で水族館飼育員に費つっような経験と知識を備えることが出来るのです。

学費も、初年度で80万円~160万円程になります。

水族館飼育員になるためには大学進学か専門学校進学となりますが、学歴以外にも取得すれば就職に有利になる資格があります。

持っていると有利な資格は「学芸員」「潜水士」「スキューバダイビングのライセンス」などです。

「学芸員」は高校在学中には取得できませんが、「潜水士」は16歳以上なら受検でき、「スキューバダイビングのライセンス」は10歳以上でジュニアダイバーの資格が取れ、15歳以上で成人のライセンスが取得できます。

高校生のうちに取得できる資格もあるので必要と思ったら取得を考えるのがおすすめです。

まとめ

水族館飼育員を目指している高校生に、高校で何が出来るのか進学はどうしたらいいのかを紹介しました。

  • 高校卒業後は、大学か専門学校に進学を目指す。
  • 高校では生物、理系を頑張る。
  • 高校生でも、潜水士、スキューバダイビングのライセンスは取得できる。

水族館飼育員の夢を叶えようと、頑張っている高校生を家族、友人、将来パートナーになるだろう水産動物が応援しています。

高校生の時に頑張ったことが自信につながり未来を照らす光となるので頑張ってください。

この記事が、頑張っている高校勢の参考になれば嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。