野生動物調査員になるには資格が必須?

この記事はこんな人向け!
・野生動物調査員に興味がある人
・野生動物調査員に必要な資格について知りたい人
・自然や動物が好きな人

自然を守る野生動物調査員のお仕事は、専門的な知識が必要になる場面が多い職業で、もちろん自然や生き物に関して知識が全くない方は野生動物調査員として働く事は出来ません。

では、資格についてはどうなのでしょうか? 

ここでは、野生動物調査員になるには資格が必要かどうかについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください!

野生動物調査員のお仕事ってどんな事をするの?

野生動物調査員の主なお仕事は、生き物の生態系を守るために、その環境を調査し保全の計画や立案、提案をするお仕事です。

なぜ野生動物調査員のお仕事は必要なの?

野生動物たちは人間によって起こされる環境破壊が原因でいなくなってしまう事があります。そして、その野生動物をエサにしていた野生動物もいなくなってしまいます。

そうすると、天敵がいなくなった野生動物たちは異常繁殖してしまい、結果生態系が壊されてしまいます。

生態系が壊されてしまうと、農作物の被害を出してしまう生き物がたくさん繁殖してしまったり、外来動物によって在来種を減少させてしまったり、我々人間の開発によって自然が消滅してしまうことも…。

野生動物調査員は、これらの問題を解決・改善するためにも必要不可欠なお仕事なのです。

野生動物調査員になるための必須資格は?

野生動物調査員のお仕事に、必須となる資格はありません。

しかし、求人によっては資格を必須としている企業もありますので、野生動物調査員に関わる資格は取得しておいた方が良いでしょう。

さらに、資格は必要ないが経験や知識など、実務経験がある方を募集している求人が多く見られました。

野生動物調査員になるために持っておくと良い資格は?

野生動物調査員に関わらず、生態調査の仕事をしたいと考えている方は、生物分類技術検定4級・3級の資格を取得しておくと、就職により有利となります。

さらにプロフェッショナルを目指している方は、生物分類技術検定2級・1級も受ける事を視野に入れておくと良いでしょう。

野生動物調査員の求人は比較的少なく、求人が出ていても条件が厳しいところもあります。

自分が就職したい企業から求人がでる、もしくは条件に当てはまる求人が出るまでに、勉強をして、取得できる資格を取得しておくことがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

野生動物調査員のお仕事に必須となる資格はありません。実際に求人では実務経験があればOKとしている企業もあります。

しかし、どの職業にも言えますが、資格を取得している方が就職には有利となる事もありますので、調査員の仕事を目指している方は、資格取得も視野に入れて勉強をすることがおすすめです。