女性ドッグトレーナーの気になるキャリアパスや結婚後の生活とは?

この記事はこんな人向け!
・ドッグトレーナー に興味がある人
・女性としてドッグトレーナーの働き方が気になる人
・女性としての働き方を知りたい人

ドッグトレーナーといえば男性の仕事というイメージはあるのですが、意外に女性の数が多いことが特徴です。

そんな女性ドッグトレーナーたちがたどるキャリアパスとは?また結婚や育児といった生活の変化の中で、どのように仕事をこなしていくのか?詳しく解説していきましょう。

広く活躍している女性ドッグトレーナー

ドッグトレーナーには様々な仕事があります。基本的な犬のしつけをおこなったりスポーツドッグをトレーニングする場合、また警察犬や盲導犬を訓練するといった場合があります。

それら多くのシーンで女性ドッグトレーナーが活躍しており、認知度が高まりつつあります。

複数の技術を持つのは、今や当たり前

犬の訓練所やしつけ教室を専門としている業態は思ったより多くはありません。たいていはペットホテルや預かり保育、トリミングサロンなど異なる業態を組み合わせているケースです。

飼い主(依頼主)からすれば、預かってもらっている間にトレーニングしてもらう方が便利だと言えるでしょう。

そこで働くドッグトレーナーもトリミング技術やドッグセラピストの資格を持っていることが多く、女性ならではのきめ細かいサービスが可能なのです。

今やトレーニング技術の他に複数の技能を持っていることも珍しくはないのです。

女性ならではの気配りや会話ができること

しつけやトレーニングを依頼される多くの飼い主は女性であることが多いです。そのためドッグトレーナーも女性であれば飼い主が不安がることもなく、会話も盛り上がるという利点があります。

そのためには聞き上手でなければなりませんし、女性目線に立ったアドバイスを行うことも必要となります。

たしかに女性は男性と比べて体力面で劣るかも知れませんが、それを補って余りあるメリットもあるということです。

基本や専門知識を押さえつつ仕事をこなせるということ

ドッグトレーナーになるためには動物・ペット系の専門学校へ通うことが多いわけですが、男女比率に関しては8:2くらいで女性のほうが多いようです。

そのため専門知識を学ぶのは圧倒的に女性の方が多いということになります。

知識に経験をプラスしてキャリアアップに繋げていくというプロセスで言えば、女性であっても不利ではありません。

向上心や根気があれば、将来的に独立することも夢ではないのです。

結婚後の働き方とは?

ドッグトレーナーという職種はいわば専門技術です。結婚後または出産後であっても復職する方が多いと言えるでしょう。

次に結婚後の働き方について見ていきましょう。

正社員でなくとも続けられる職業

仕事柄、土日が完全に休みというわけではありませんが、残業もありませんしシフトによっては時間に融通が利く職種だと言えるでしょう。

他の方との兼ね合いを見ながらスケジュールを立てることが可能です。

ただ将来的な出産や子育てを考えると、正社員にこだわる必要はありません。パートやアルバイト待遇のほうが時間の自由も利きますし、家庭生活に影響を及ぼすことはあまりないでしょう。

将来的な独立を視野に入れる

ドッグトレーナーとしての最終的な目標といえば、やはり独立して事業を立ち上げることでしょう。

もちろん家族の同意や応援は必要になるでしょうが、スケジュールをすべて自分で管理できるというメリットは何よりも代えがたいものです。

また土日を休みにすることも可能ですから、仕事と家庭を両立させることも無理ではないでしょう。

ただし事業が軌道に乗ってくるまでは、顧客をどのように集めるのか?また金銭的な面も含めて計画的な行動が不可欠となります。