動物病院に必要なホスピタリティについて考える

この記事はこんな人向け!
・獣医師や動物看護師になりたい人
・動物病院におけるホスピタリティについて知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物病院で働いてみたいと考えている人の中にはホスピタリティという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。ホスピタリティとはおもてなしの心や思いやりといった意味を表します。最近ではこのホスピタリティを大事にしている動物病院も少なくありません。今回はそんな動物病院のホスピタリティについて紹介していこうと思います。

動物病院に必要とされるホスピタリティの見つけ方

動物病院には様々な病気を抱えた動物たちがやってきます。そして、その動物たちの飼い主さんもやってきますよね。飼い主さんたちは不安な気持ちを抱えて動物病院にやってくることが多いと思います。そんなときにマニュアル通りの対応をするだけで飼い主さんの不安な気持ちなどを少しでも解消することができるでしょうか?おそらく難しいと思います。このようにマニュアルだけでは対応することのできないような状況のときにホスピタリティの考えを持っていることがとても役に立ってきます。では、動物病院にはどのようなホスピタリティが必要なのかを考えていきましょう。

 飼い主さんの気持ちになって考える

動物病院で必要とされているホスピタリティを見つけるには飼い主さんの気持ちになって考えることが重要です。動物病院にやってきた飼い主さんは一体どんな気持ちで診察を待っているのか、どのような治療を望んできるのか、そういったことを飼い主さんの立場になって考えてみることが重要です。

 自分が動物病院に来たと仮定する

飼い主さんの気持ちになって考えてみるには、自分のペットが体調を崩し動物病院に来たと仮定してみるとイメージしやすくなります。

自分のペットが体調を崩したらとても不安な気持ちになりますよね。どうしたらいいのか焦ってしまいますよね。動物病院に来る飼い主さんも同じ気持ちです。

このような気持ちのときにどんな声をかけられたら安心できるのかや、どのような対応をしたら不安が少しでも解消されるのかを考えてみましょう。

動物病院のマニュアルに沿った対応だけでは不十分であることがわかると思います。

 動物病院だけでなく様々な場面でホスピタリティは重要

ホスピタリティという考えは動物病院だけでなく様々な場面で重要になってきます。人をおもてなしする心というのは常に持っておくべきなのです。動物病院は動物たちの治療や薬の処方といったことをする場所です。しかし、それだけではなく飼い主さんの気持ちを汲み取ったり、不安を解消していくということも行うべきなのです。こういったホスピタリティをしっかりと持っておくことで、信頼や安心感のある動物病院として活躍できるようになるのです。

いかがでしたでしょうか?

今回は動物病院に必要なホスピタリティについて紹介していきました。どんな時でもホスピタリティという考えを忘れずに行動することが、誰かの役に立つ大きな一歩になるはずです。