動物看護師の初任給、平均はどれくらい?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の初任給を知りたい人
・様々な職種の初任給を知りたい人

動物病院の看護師は獣医師のサポートをメインとして、様々な医療行為を行います。調剤や血液検査など失敗が許されない重要な仕事も多くその業務内容は多岐に渡ります。

では動物看護師の初任給はいくらぐらいなのでしょうか?人間の医療従事者は高収入であるケースも多いのですが動物看護師のお給料はやや少なめです。今回は動物看護師の初任給について掘り下げていきましょう。

憧れの動物看護師、初任給はいくらぐらい?

実際に動物病院に勤務する動物看護師の初任給額や、お給料を出す動物病院のお財布事情についてご紹介します。

15万円前後が平均的です

動物看護師の初任給はおよそ15万円程度が平均的です。人によって感じ方は違うかと思いますが、大卒社会人の初任給平均が21万円です。それに比べると大分少ない金額となっています。

ただそれまでの自由で楽しいだけの学生生活から180度違う環境に身を置き、社会人として歩み始めた身としてはやはり初任給は感慨深いものがありました。なお近年は専門大学を卒業して入社する動物看護師もいますが大卒であっても初任給の平均は約17万円前後となっています。

なぜこんなに少ないの?

業務の内容は多岐に渡り、体力的にも精神的にも強くいなければいけない動物看護師ですがなぜ人間の医療従事者や大卒社会人とこんなにも初任給に差がついてしまうのでしょうか?

その理由は様々ですが国家資格ではないことや(今後国家資格化します)、若い女性が中心であること、そして最も大きいのは動物医療の現場には人間のような健康保険制度がなく、人間の病院のような売り上げが立たないため人件費に回される資金がそもそも少ない点などがあげられます。

勤続年数によって変動します

当たり前のことですがずっと初任給額が続くわけではありません。勤続年数によって昇給もしますし、手当などもつくでしょう。動物看護師にとって最も重要視されるのはいかに経験があるか、です。

動物看護師歴が長くなれば勤務先の動物病院を変えても経験を買われ最初からある程度の給与を出してもらうことができます。また比較的お給料が高く、安定性がある大学病院の動物看護師も数年間の経験がないと就くことはできません。

いかがでしたか?動物看護師は昔から薄給な仕事と言われてきました。男性の動物看護師が極端に少ないのはこのためでしょう。ですが中には管理職に就き家族を養う男性動物看護師もいます。初任給だけではなく長期的なスパンで条件が良い動物病院を探してみましょう。