動物病院で働く中で辛いこととはなにか

この記事はこんな人向け!
・獣医師や動物看護師になりたい人
・動物病院で働くことの辛さについて知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物病院で働きたいと思っている人の中には、「動物病院で働くことってやっぱり辛いことが多いのかな?」と不安に思っている人も多いでしょう。

今回はそんな動物病院で働く中で経験する辛いことについて紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

動物病院で働く上で辛いこととは?

仕事をするということは責任が伴ってくるので、少なからずどんな職業であっても辛い経験をすることがあると思います。しかし、動物病院で働くからこそ辛い経験をすることもあります。一体どのような辛い経験をする可能性があるのかお話ししていきます。

 忙しい毎日に慣れること

動物病院に就職してまず、辛いなと感じてしまうことが多いのは思ったよりも忙しいということです。この忙しい毎日に慣れるまでがとても辛く感じると思います。

忙しさに耐えることができずに動物病院を去っていく人も少なくありません。動物の命を預かっている職業ですから、どうしても時間外の仕事に対応しなくてはいけなくなってしまったり、救急の患者さんが来たときなども対応しなくてはいけません。

 人間関係

動物病院で働く人に限ったことではありませんが、人間関係が難しいということもあげられます。特に動物病院の場合は動物の命がかかっているのでみなさん緊張感を持って働いています。その緊張感から周りの人への配慮や気配りが出来なくなってしまう場面も少なくありません。そういった際に投げかけられた言葉や態度によって辛い思いをしてしまう人もいるかもしれません。

 動物の死を目の当たりにすること

動物病院特有の辛い経験と言えば、動物の死を目の当たりにする可能性があるということです。どんなに懸命に治療を行っていても助からない命はあります。動物が死んでしまうというのは本当に辛いです。しかし、飼い主さんはもっと辛いはずです。そのため、飼い主さんの前で泣かないようにしている人も少なくありません。また、どんなに辛いことがあっても他にもたくさんの患者さんがいます。その患者さんの治療やお世話もしっかりとこなさなくてはいけません。このように動物の死という辛い経験をしたとしても、たくさんやらなくてはいけないことがありますから気持ちを切り替えて仕事をこなさなくてはいけないのが動物病院で働くということなのです。

いかがでしたでしょうか?

動物病院で働くということは辛いことや苦しいことがたくさんあります。しかし、辛いことばかりではないということも知っておいて欲しいです。もう助からないかもしれないと言われていた動物が自分の治療やお世話によって助かることだってあります。動物病院で働くことは、忙しい毎日で辛い経験もしなくてはいけないこともありますが、命を救うことができるという何にも変えられない喜びがあることもあります。これから動物病院で働こうと思っている人は辛いことに直面しても挫けずに頑張ってくださいね。