動物看護師はフリーランスでも働くことができるのか

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師はフリーランスでも働けるか知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

最近では動物関係の仕事についている人の中にもフリーランスで働いている人がいますよね。しかし、動物看護師のフリーランスってあまり聞いたことがないと思いませんか?今回は動物看護師はフリーランスで働くことができるのかという内容でお話ししていこうと思います。

フリーランスで働くのが難しい理由

フリーランスといえば、会社に所属して働いているときよりも自由度が高い働き方というイメージがありますよね。しかし、動物看護師にそのような働き方ができるのでしょうか?動物看護師は獣医師のサポート役として働いていることが多い職業ですからなかなかフリーランスとして働くのは難しいと言われています。

動物病院で働くことが普通だから

動物看護師がフリーランスで働くことが難しい理由として、病院で獣医師と共に働くことが普通だからだといえます。動物病院で働くということは病院に雇われているということです。どこかに所属したり、雇われて働いている状態が普通の動物看護師にとってフリーランスで働くという選択肢はほぼ0に近いのではないでしょうか。

単独では成り立ちづらい仕事だから

トリマーやドッグトレーナーといった仕事はフリーランスで働いている人が多くいます。しかし、動物看護師はフリーランスで働いている人はほとんどいません。これは動物看護師とトリマーやドッグトレーナーとの間に大きな違いがあるからなのです。その大きな違いとは、動物看護師という仕事は単独では成り立ちづらいからです。病院で働いているときも獣医師がいるから動物看護師という仕事が成り立っています。獣医師がいなかったら動物たちの診察や治療を行うことができませんよね。このように動物看護師だけでは成り立ちづらい職業のためフリーランスで働く人がほとんどいないと言われています。

中にはフリーランスで働いている人もいる

ここまで、動物看護師はフリーランスで働いている人はほとんどいないとお話ししましたが、中にはフリーランスで活動している人もいます。しかし、動物病院でしているような業務をフリーランスとしてしているのではなく、動物看護の知識を生かしたカウンセリングなどを行っているようです。つまり、動物看護師として身につけたものを生かしてフリーランスで活躍しているということです。

いかがでしたでしょうか?

今回は動物看護師はフリーランスで働くことができるのかについて紹介していきました。なかなかフリーランスで働いている人は少ないのが現状です。しかし、動物看護師として働いた経験や知識はフリーランスとして活動していく中で役に立ってくるということは確かなようです。

コメントは受け付けていません。