動物看護師の給料や手取りはいくら?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の給料や手取りについて知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師の給料は動物病院により変わりますが、だいたい17~20万円です。しかし、手取りとなるとさらに少なく、だいたい15~18万円となります。他の一般企業と比べると給料は低い傾向があり、手取りとなると、さらに少なくなります。しかし、動物看護師はやりがいもたくさんある仕事です。メリットとデメリットを踏まえて検討しましょう。

動物看護師の給料や手取りはいくら?

動物看護師の給料や手取りについて解説していきます。

給料はどれくらい?

動物看護師の給料はだいたい17~20万円です。基本給となるとさらに低く、15~18万円程度の方が多いです。動物看護師は勤務先により給料がかなり変わるため、基本給が15万円より低いケースもあります。動物看護師の給料には基本給に残業代、交通費などの手当が付きます。

手取りはいくら?

動物看護師の手取りはだいたい15~18万円です。手取りは基本給や手当などが加算された総支給金額から社会保険料や所得税などの税金が引かれた金額となります。社会保険や税金の金額が基本給や手当の金額により異なりますが、だいたい3~4万円となるため、手に入る金額は少なくなります。

動物病院の中には、会社で厚生年金に加入しておらず、各自で国民年金を支払わなければいけないというケースもあります。控除金額が少なくなるため、手取りは高くなりますが、自分で支払わなければいけないので注意が必要です。

動物看護師の給料は動物病院により異なりますので、手取りは15万円より低くなるケースもあります。一人暮らしを検討している場合は、就職活動時にできるだけ給料が高い就職先を見つけるか、昇給制度があるのかどうか調べておきましょう。面接の時に、スタッフの中に一人暮らしをしている方はいるのか聞いてみると参考になります。

ボーナスはもらえるの?

動物看護師のボーナスの有無は、勤務先により異なります。ボーナスが1ヶ月分、2ヶ月分もらえる場所や、全くもらえない場所、働きにより金額が異なる場所もあります。ボーナスの有無は求人に記載されていることが多く、ボーナスの記載がない場合は支給が期待できないと思っていいでしょう。

ボーナスは基本的に、基本給の金額で決まるため、手取りの金額ではありません。さらに、ボーナスからも保険料などは引かれるため、支給された金額はそのままもらえるわけではないので、注意しましょう。

動物看護師の給料は一般企業に比べると低く、手取りも少ないです。残業代もボーナスももらえるだけマシといったケースもあります。動物看護師の給料だけでは、一人暮らしをしたいと思っても、月々のやりくりでいっぱいいっぱいで、貯金に回せるお金がない方も多くいます。しかし、動物看護師にはたくさんのやりがいがあります。動物病院によっては働きやすい場所もたくさんあります。動物看護師のデメリットだけみるのではなく、メリットもみながら検討することをおすすめします。