動物看護師のやりがいや魅力とは?

この記事はこんな人向け!
・動物看護師を目指している人
・動物看護師のやりがいについて知りたい人

動物看護師は、動物病院で獣医師のサポートをする仕事です。

動物や飼い主が、落ち着いて、安心して診察を受けられるような環境を作ることが重要であり、動物を保定、病院内の掃除や医療設備の消毒といった様々な業務を行います。

沢山の仕事をこなさなければならない動物看護師の仕事は、大変であるといったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、人として、動物看護士として成長できる場面も多々あるのです。

そこで、動物看護師にはどのようなやりがいや魅力があるのか、詳しく解説します。

動物看護師の仕事の魅力とは

笑顔の犬

動物看護師として働くことには、どのような魅力があるのかを紹介します。

毎日動物と触れ合える

動物看護師は、毎日多くの動物と触れ合えることが最大の魅力だといえます。動物が大好きであり、動物のために尽くしたいと思える人は、動物看護師の仕事に大きな魅力を感じられるでしょう。

医療の現場は予想だにしない大変な場面もありますが、動物が好きであれば対処できるはずです。

動物看護師は、病気になったり怪我を負ったりした動物を治療するためのサポートをしますが、動物に囲まれて過ごしているうちに自分が動物に癒されることもあります。

多くの動物と触れ合い、救うことによって、生活を送る中で忘れてしまいがちな「命の尊さ」を実感できることが魅力の1つでもあります。

様々な業務を経験できる

動物看護師が行う仕事は、非常に幅が広いことが特徴です。獣医師の診察や治療・手術をサポートしたり、入院している動物を世話したり、ホテルを併設している動物病院の場合は散歩に連れて行きます。

ほかにも、薬の用意、受付、院内の掃除といった様々な業務をこなさなければなりません。仕事の範囲が広いことは、非常に忙しく大変だと感じるケースがありますが、様々な業務を経験できるので社会人としてのスキルや対応力が上がるでしょう。

動物看護師の仕事のやりがいとは

本を読む犬

動物看護師の仕事は、魅力だけではなく、やりがいもある仕事です。特に大きなやりがいについて、2つ紹介します。

自分の経験や知識を活かせた時にやりがいを感じる

動物看護師になるためには専門学校で学ぶことが一般的ですが、学習した内容だけではついていけない場合もあるでしょう。命の現場では、マニュアルに沿って行動するだけでは対応しきれないのです。

毎日沢山の仕事を行うことによって、自分の知識や経験の向上につながるうえに、臨機応変に対応できた際にやりがいを感じられます。診察や治療をするなかで動物の状態が悪化するケースもあり、緊急を要する場面もあるため、スピーディーに状態をチェックして行動しなければなりません。

入院している動物の世話をする時もしっかりと観察し、変化があった場合には獣医師に伝えれば、最善の治療をすることにつながります。

飼い主とコミュニケーションを取れることがやりがいにつながる

動物看護師は、動物だけではなく飼い主とコミュニケーションをとる機会も多いです。受付や診察室で飼い主と会話をすれば、獣医師が治療や診察に集中でき、飼い主や動物を安心させる役割も果たします。

真摯に対応することによって飼い主と動物から信頼され、自分の仕事のやり方にも自信を持てるようになるでしょう。

動物看護師の仕事は魅力もやりがいも沢山ある

微笑むダックスフンド

どのような仕事があっても、魅力ややりがいの感じ方は人それぞれ異なります。命を預かる動物看護師が働く医療の現場では、辛いことや大変なことも多いです。

しかし、日々の仕事の中で、動物に関する知識や経験を身につけ、自分が感じる魅力ややりがいを見つけられます。自分が思う魅力ややりがいを感じられれば、達成した際の満足度も非常に高く、動物看護師として働くための活力にもなるでしょう。

動物看護師として働く前と後のイメージの変化

動物看護師のイメージ、働く前と後で変わることとは?

2019年12月28日
動物看護師の転職先はどんなところがある?

動物看護師の転職先はどんなところがある?

2020年3月31日