どれくらい?動物看護師の給料についてご紹介

この記事はこんな人向け!
・動物看護師になりたい人
・動物看護師の給料について知りたい人
・動物の命を救うお仕事に関わりたい人

動物看護師の給料は平均15~25万円程度で、勤務先や勤務年数、地域により異なります。

一般企業などに比べて、給料は低い傾向があり、金額の幅も広いです。

給料は動物看護師としても勤務年数や資格の有無などにもより変わることがあるため、給料を上げたい場合は動物看護師関係の資格を取得しておくことをおすすめします。

動物看護師の給料はいくら?

動物看護師の給料はいくらぐらいなのか、給料を上げる方法などを順番に解説していきます。

平均月収は15~25万円程度

動物看護師の平均月収は15~25万円程度です。

初任給であれば、15~20万円程度のことが多く、昇給制度があれば勤務年数とともに徐々に上昇していきます。

勤務先により変わりますが、給料に関しては、大きく変動することはほとんどないため、現在の給料の金額から少しずつ上がっていくイメージです。

昇給制度の有無なども確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、手取り金額となると、これらの金額から税金や年金が引かれるため2~3万円程度低くなります。

動物病院の中には、厚生年金に加入しておらず、年金を自分で払わなければいけないケースもありますので、注意しましょう。

勤務先、勤務年数により異なる

動物看護師の給料は勤務先や勤務年数により異なります。

動物看護師が活躍できる場所は動物病院だけではなく、ペットショップやトリミングサロン、大学病院、検査センターなどです。

さらに、地域により平均的な給料も変わります。

都内や名古屋、大阪などは高めになっています。

給料は勤務年数が長ければ長いほど、高くなる傾向があります。

続けて勤務することで評価を得て、昇給することもあります。

給料を上げるためには?

動物看護師の平均給料金額は、日本の平均に比べると少し低めになっています。

基本給に関してはすでに決まっていることがほとんどです。

上げるためには実績や評価などが関係しますので、すぐに上げることはできません。

給料を上げるためには、動物看護師関係の資格を取得することがおすすめです。

これは、資格を保持していることで給料金額を考慮してもられることがあるためです。

しかし、勤務先により異なるため、資格を取得しても給料が変わらない場合もあります。

動物看護師関係の資格とは、認定動物看護師、愛玩動物管理士、トリマー、ドッグトレーナーなどです。

専門学校などで取れる資格ではなく、セミナーや正式な試験を受けて資格を取得できるようなものであるとより良いです。

転職の場合は前職での金額や勤務年数も考慮してもらえることが多いです。

ただ、個人経営の動物病院が多いため、大幅な増額はほとんどありません。

動物看護師の給料は日本の平均に比べると低めです。

都内や名古屋、大阪などのペットの飼育率が高い地域では高い傾向がありますが、25万円まではもらえないことが多いです。

動物看護師の仕事は、動物の世話だけでなく、会計やお薬の調剤のサポート、掃除、洗濯、在庫管理など多岐にわたります。

繁忙期にはお昼ごはんを食べることができないこともあるでしょう。

給料の金額も大事ですが、動物看護師にはたくさんのやりがいがあります。

自分の興味を持つものを見つけてみることをおすすめします。