動物看護師の転職・離職率は高い?その原因を調査!

この記事はこんな人向け!
・動物看護師に興味がある人
・動物看護師の転職・離職の原因を知りたい人
・動物病院への就職を考えている人

言葉を使い人に感情を伝えられる人間とは違い、表情や言葉で気持ちを伝えられない動物を相手にする動物看護師は、他の職種には無い大変さや苦労があります。時には精神的に辛くなってしまう事も…

動物看護師は、やりがいがあると長く働いている方もいれば、色々な理由で転職・離職してしまう方も少なくはありません。

今回は、動物看護師の転職・離職率についてや、動物看護師をしていて、辛い事、大変な事についてお話します。

動物看護師の転職・離職率について

動物看護師は、残念ながら転職・離職率はかなり高いと言われています。

転職・離職の理由は様々ですが、一番多い理由が「現場の過酷さに絶えられなくなった」という事です。

そして、現場の過酷さの他にも、動物看護師をしていて、辛いことや大変な事はいくつかあるのです。それはどのような事なのでしょうか…?

動物看護師の辛い・大変な事

動物看護師をしていて、辛いと感じる事や大変な事を実際の体験談を元にご紹介いたします。

死に直面

「動物の命を救いたい」「動物が好きだから」など、動物に関わりたくて動物看護師を目指している方は多いです。

そのような方たちだからこそ、動物の死に直面するのがどうしても辛いと感じ、動物看護師を続ける事が難しくなってしまう方が多いようです。動物病院では、最善を尽くし治療・看病を行っていても、動物たちの死を避けては通れないのです。

命の重みを感じて、しっかり向き合える方でなければ、動物看護師を続けていくことは難しいといえるでしょう。

労働環境が悪い・お給料が低い

動物看護師のお仕事は、大切な命を預かるお仕事なので責任は重大で、残業も多く、急な休みは取りにくいというのが現状です。このような現状であっても、他の職種に比べるとお給料は決して多くはありません。

動物病院の待遇は病院によって様々なので、より良い待遇を求め転職する方や、肉体的に疲れてしまい、離職する方も多いようです。

このように、動物看護師の労働環境は恵まれているとは言えない状況なのです。特に、労働環境やお給料にゆとりがある職に就きたいという方は、動物看護師の仕事は難しいといえるでしょう。

人間関係が辛い

どの業種でも、人間関係のトラブルが原因で会社を転職・離職したという方は少なくありません。動物看護師もその点は同様です。

特に、動物看護師は、病院内と狭い環境の中1日仕事を行うため、スタッフ同士の良好な関係を保たなければ、居心地が悪い環境になってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?動物看護師の転職・離職率は高く、わずか数ヵ月・数年程度で辞めてしまう方がいるという事は珍しくありません。

これから動物看護師として働く方は、決して「楽しそうだから」「動物が好きだから」という理由だけで職に就くのではなく、命の重みを感じながら働いて行ける覚悟と、実習などで病院の体制や人間関係をしっかり観察して見極めておき、職場選びを行いましょう!

ハーナスバナー