動物飼育員の仕事をするにあたって大切なこと

どの仕事にも、働くにあたって大切なことってありますよね。

大切なことを、つねに頭で考えながら行動することで、よい仕事ができます。

動物飼育員にも、仕事するうえで大切なことがあり、それを自分で把握することで、飼育員として自信をもって働くことができます。

今回は、この大切なことを紹介していきたいと思います。

この記事はこんな人向け!
・動物飼育員に興味がある人
・動物飼育員にとって大切なことを知りたい人
・様々な職業を知りたい人

動物飼育員にとって大切なことは?

責任感をもってやる

どの職種でもそうですが、仕事をするからには責任をもって働くことが大切になります。

自分の責任ある行動が、周りから信頼されることになるでしょう。たとえば、言われたことを言われたとおりにやる、自ら正しい判断をし行動に移すなど…間違えないことが大切になります。

ときには失敗してしまうかもしれませんが、しっかり対処し改善していくことで、挽回することができます。

それでも絶対やってはいけないことは、失敗したら取り返しがつかないので、注意しましょう。

ホウレンソウをしっかり行う

ご存知かと思いますが、報告・連絡・相談のことをホウレンソウと言います。

仕事のなかではとても大切なことで、チームで連携をとるためにもホウレンソウはしっかり行うことです。

大切なことを報告する、しっかり連絡をとりみんなで把握しておく、何か分からないことは相談する、個人プレイにならないよう、周りとしっかり情報を共有しましょう。

動物と接するにあたって大切なこと

動物をざつに扱わない

相手が動物だからといって、適当に相手をしてはいけません。

たとえば、掃除をしっかりやらなかったり、動物を動かしたいときに蹴飛ばしたりなど…動物をざつに扱うことです。

毎日接するにあたって、動物にも敬意を払うことが大切です。

動物は、人をしっかり見ているので、嫌な人に対しては言うことを聞いてくれなく、攻撃的になることもあります。

お互いの信頼関係も大事ですから、動物に接触するときは思いやりの気持ちをもって接しましょう。

人も動物もお互い安全第一に

動物相手をしていると、ときには噛まれ、ひっかかれたりなどして、ケガをすることがあります。

しょうがないとはいえ、なるべくケガはしない方がいいですよね。

そのためには、動物と接する際にしっかりと注意を払って、目配りをしっかりすることです。

動物側もなにかの反動でケガをすることもあります。

なにかにぶつかったり、転んだり…。

そんなことがないように、周りの物の配置や柵が壊れてないかの見直しも大切になるのです。

動物も人もケガをしないよう、つねに安全を心がけましょう。