動物飼育員の見習いとして働くには?

この記事はこんな人向け!
・動物飼育員に興味がある人
・動物飼育員の見習いを考えている人
・いきなり就職する前にできることを知りたい人

動物園や水族館などの動物飼育員を目指している方は、本格的な就職の前に見習いとして現場経験を積むことが大切です。

実際に現場で働くことは、本当に自分に合った職業か、仕事内容はどんなものなか、といったさまざまな情報を手にすることができます。

この記事では、動物飼育員の見習いとして働く方法や仕事内容などを詳しくまとめました。

動物飼育員になるには見習いが必要?

動物飼育員になるには、実際に正社員として雇用される前に見習い期間を要する施設が多く見られます。

見習いを必要としない施設もありますが、動物飼育員は過酷な仕事でもあるため、就職前に一度現場体験をしておくことは大切です。

見習いは正社員雇用前の研修期間やアルバイト、パート、学校での現場実習という形で行うことができます。

動物飼育員の見習いになるには

動物飼育員の見習いは、求人に募集が出ていることがあります。

また、希望する施設に直接求人がないかホームページを確認したり、直接問い合わせをしてみるのもおすすめです。

GWや夏休み期間、お盆などの行楽シー人は求人が増える傾向にあるため狙い目です。

見習いの給料はどのくらい?

動物飼育員の給料は決して高くないほか、生き物を扱っているので厳しい現場なことはもちろん、勤務時間や休みにもムラがある大変な仕事です。

お金をもらうためだけで続けることは難しく、やりがいを求める姿勢が重要な職種です。

見習いに資格やスキルは必要?

動物飼育員に絶対に必要な資格やスキルはありません。

しかし、国や県が運営する施設では、公務員試験が必要になることもあります。

民営の施設であれば資格がなくても働ける場所もあるため、見習いの方におすすめです。

動物飼育員の見習いの仕事内容

動物の飼育は生き物を扱う仕事だけあって、経験と知識が必要です。

そのため、見習いの仕事内容は雑用が主になるでしょう。

憧れであるエサをあげる、健康状態をチェックするといった重要な仕事は、実際にはできず、見学という形で行うことが多いかと思います。

また、猛獣や珍獣の飼育管理はベテランが行うため、こちらも見習いが担当することは滅多にありません。

まとめ

動物飼育員は、糞尿の掃除など肉体労働が多く、勤務時間や休みが不規則なことから過酷な仕事といえるでしょう。

そのため、働く前にはアルバイトやパートといった見習いとして現場を体験することが大切です。

動物飼育員の見習いになるには、特に資格は必要ありません。

見習いとして働きたい場合は、求人確認や施設に直接問い合わせてみましょう。

仕事内容としては雑用からはじまることが多いのですが、根気よく経験を重ねれば、憧れの動物の生態管理ができる日が来ることでしょう。